カテゴリ別商品一覧
 
↓送料・別途料金についての説明はこちら


 吉村秀雄商店
和リキュール
じゃばら村 別仕立て

北山村は和歌山県でありながら三重県と奈良県に囲まれた、全国唯一の飛び地の村です。この村には、世界で唯一の『じゃばら』という柑橘類があります。

『じゃばら』とは、「邪を払う」からこの名がつけられており縁起物として村では昔から正月料理にかかせないものでした。ユズよりも果汁が豊富で、スダチやカボスとは違い、糖度と酸度が絶妙に調和した味わいです

柑橘系の難しさは、そのままの果汁であるとエグミがどうしても出てしまいます。そのエグミが消えるか消えないかというギリギリのところまで甘味を抑えることによりこの味が出来たと聞いております。

カクテルや梅酒はどうも甘くて飲めないという方もいらっしゃいますが、このじゃばら酒はそのような方にでも、いやそのような方こそ是非一度お試しいただきたい。すっぱいだけなら今までも色々なものが出ていますが、酸味の利いて旨みも感じられるこの味は今までのリキュールからは想像できない味覚の革命を引き起こしてくれるでしょう。

この商品は店舗で試飲をしていただいたお客様のなかで10人中9人はすっぱいと感じられます。しかし、味覚は人それぞれですので先入観にとらわれずお飲みください。

ご注意
柑橘系の果汁が含まれているため開封後はなるべく早くお飲みください。開封後は冷蔵庫での保存をお願い致します。また、開封後は変色するばあいもございますが、果汁によるものですのでそのままお飲みいただけます。

23-A016じゃばら/10 1800ml 3,200円


 中野BC
和リキュール
龍神往来
江戸時代に和歌山より江戸に向けて良質なものが多く運ばれました。そのときに使われた表現で龍神往来という言葉があるそうです。現代において、全国へ梅の産地和歌山から全国に向けてこだわりの梅酒を発信するにあたりこの商品名が使われます。

今回は紅梅として原点の梅酒における梅にこだわった梅酒です。梅生産の小林さんから出荷するための商品としての梅ではなく、生産者の方がご自身で食べるために造られた梅を譲っていただいたものを使い、三年間熟成させた梅酒です。商品化されない梅の実とは・・・キトサン農法で造り、農薬も通常の散布量の85パーセントをカットした手間のかかる梅の実で、そのためひじょうに数が少なく、今回造られた梅酒も本程度です。

そのため販売店も限られており、大阪で2店のみ、大阪市内では当店だけの販売です。

同じ度数で当店でも人気が高い紅南高梅酒と是非飲み比べてみてくださいと蔵元の方の勧めで飲み比べますと、龍神往来は熟成させた分酸味が程よく取れてまろやかに感じます。しかし、梅の旨みが凝縮されており、紅南高梅酒とはまた違った旨さがあります。ぜひ梅酒好きの方は一度味わってください。
23-A029梅/20 1800ml 3,200円


 明利酒類
第二回天満天神梅酒大会 グランプリ
百年梅酒
第二回天満天神梅酒大会グランプリ受賞梅酒。ブランデーと蜂蜜のハーモニーが醸し出す豊かな味わいの梅酒です。

梅の都、水戸の傑作梅酒「百年梅酒」は厳選された新鮮な国内産青梅で仕込んだ原酒を、五年以上熟成させ、天然水とハチミツ・ブランデーを使って仕上げた自然豊かな梅酒です。
23-A030梅酒/12 1800ml 3,000円
23-A031梅酒/12 720ml 1,429円


 木内酒造
第三回天満天神梅酒大会 グランプリ
木内梅酒
第三回天満天神梅酒大会グランプリ受賞梅酒。蔵元紹介文より、日本国内、海外のビールコンテストで数多くのゴールドメダルを受賞し、イギリスでは世界チャンピョンに輝いた常陸野ネストビール「ホワイトエール」は、世界中でもっとも飲まれている日本のクラフトビールです。

そのホワイトエールを、低温減圧蒸留装置で丹念に3回の蒸留をくり返して生まれるのが極上のビールスピリッツ「Kiuchi no shizuku(木内の雫)」です。
注)現在国内で販売している「木内の雫」はオーク樽で3年寝かせたリキュールタイプです。

このお酒は現在のところアメリカ合衆国でのみの販売となっておりますが、そのビールスピリッツを原料として、茨城県八郷町産の梅をじっくりと漬け込んで造りあげたものが、新しい味わい「木内梅酒」です。

ホワイトエールのもつホップ、ハーブの風味に梅実の味わいがマッチして、さらに体にやさしい果糖を加えて甘味をつけた極上の梅酒「木内梅酒」。他にはない旨口の味わいをお楽しみください。
23-A032梅酒/14.5 500ml 1,000円


 河内ワイン
和リキュール
エビス福梅
爽やかで軽やかな中にも深みを感じる味わいは1年や2年でできるものではありません。20年以上も経った梅酒だからこそ表現できる深みがあります。そんな梅酒を門外不出の配合でブレンドし完成したのが「エビス福梅」です
23-A035梅酒 1800ml 2,500円
23-A036梅酒 720ml 1,200円


 河内ワイン
和リキュール
大黒福梅
エビス福梅をベースに黒糖を加えコクのある甘みを表現しています。コクと濃厚さが相まって梅酒の新しい世界を感じさせてくれます。
23-A037梅酒 1800ml 2,800円
23-A038梅酒 720ml 1,400円


 吉村秀雄商店
和リキュール
こいうめ酒
そのまんまや無いか、ピシッ、・・・。と言う突っ込みを入られずに入られないのが大阪生まれの私の感想です。

荒くペースト状にした梅の実をこれでもかと言うほど入れまくっています。だからこいうめ酒だそうです。

この梅酒今までの梅酒とは一味違う感覚が私には感じます。家で浸けていた梅酒の梅の実が非常に好きな私はよく梅酒より梅の実を好んで食べていました。どちらかと言うと梅のみが好きという私と一緒の方はこの梅酒ぜひ試してみてください。

梅酒を飲んでいると言うより、食べている感覚に陥るほど梅の実のペーストが満載です。蔵元いわく梅酒はロックで飲んだり、炭酸で割ったりとそのままより割って飲まれる方が多いというのがあり、この梅酒はまさに割って飲むのを前提で作られています。

私個人しては実が好きですのでそのままで飲むのがお勧めですが。

さわやかな梅酒、甘い梅酒が好きという方にはお勧めしません。だだ梅の実が好き、濃いのが好きと言う方のみご注文ください。

この梅酒はしつこいようですが梅の実のペーストがふんだんに入っています。そのため今年度の生産本数はわずか2000本です。品切れの節はご了承頂きますようお願い申し上げます。
23-A021梅酒/13 1800ml 2,858円


 吉村秀雄商店
和リキュール
くろうめ酒
こちらもこいうめ酒と同時にリリースされましたくろうめ酒と言いますが、なぜくろかと言いますと沖縄県波照間島の黒糖をふんだんに使い一風変わった梅酒です。

コクのある一癖ある黒糖を使い梅酒の味に新たな提案を投げかける逸品だと思います。特徴としましてはミネラル分豊富な黒糖を使っているため健康酒としても毎日ちびりちびりと飲んでいただくのもいいのではないかという蔵元の提案です。

梅の実は元来滋養強壮の面からも昔から親しまれているものであり、また黒糖もミネラル分が豊富で健康食としても親しまれています。

健康をテーマにあげるとどちらかと言いますと飲みにくい等が気にかかりますがこのくろうめ酒は梅の良さでくせのつよい黒糖を柔らかなものにしてひじょうに飲みやすくなっています。

夏の疲れが取れにくい、これからの季節の体調維持にもおいしい梅酒を飲んで乗り切っていただきたいそんな健康をテーマに出来る梅酒です。
23-A023梅酒/13 1800ml 2,286円


 梅乃宿酒造
和リキュール
梅乃宿 あらごしもも酒
ももがこれでもか、これでもかと押し寄せてくる、まさに食すお酒とはこの商品のことをさすのではないでしょうか。

桃の甘さがほんのりしており、食前酒としてお勧めしますが、ほっと一息入れてお酒を楽しみたいときにはぜひお勧めいたします。

少し大きめの氷をグラスに浮かべて時間を気にせずのんびりと楽しみたいときにきっと心を癒してくれることでしょう。
23-A027リキュール/7 1800ml 2,800円
23-A028リキュール/7 720ml 1,400円


 梅乃宿酒造
和リキュール
梅乃宿 ゆず酒
古来より日本の食卓に柚子はさり気なくでしゃばるのではなく脇役に徹してきたように思います。その柚子が存在感を発揮しているのがこのゆず酒です。

しかし、柚子には奥ゆかしさがあるのでしょうか、このお酒も味わいと香りをほんのりと感じる奥ゆかしさが出ていいます。

飲み方はオールマイティーです。日本酒がベースですので少し温めて飲んでも良いですし、もちろん冷やして飲まれても大変美味しいです。
23-A025リキュール/7 1800ml 2,800円


 中野BC
和リキュール
紀州のゆず梅酒
梅の本場和歌山の紀州にある中野BCさんはいままでの梅酒に一石投げかけた蔵元です。緑茶をブレンドした緑茶梅酒など次々にあたらしい梅酒を提案されてきます。

今回は徳島の暖流くろしおの恵から生まれたゆずをブレンドしたいへん美味しい梅酒が誕生しました。梅酒にゆず果汁を絶妙な加減にブレンドしお互いのよさを引き出しあう梅酒がこのゆず梅酒です。

梅酒の味わいの中にゆずの香り・味と感じられる中に梅酒の香り・旨さも引き出されていますので柑橘系が好きな方にも、十分に味わっていただける逸品です。
23-A011リキュール/12 1800ml 2,000円
23-A012リキュール/12 720ml 1,000円


 梅乃宿酒造
和リキュール
梅乃宿の梅酒
奈良に通をも唸らせる清酒造りをする蔵がある、梅乃宿。酒を造る蔵人が梅の実ひとつひとつを丁寧に手洗いし、自分達で醸したお酒に漬け込みました。梅特有の香りとジューシーでみずみずしく、さわやかな酸味がすっきりと喉を通っていく感じです。清酒と焼酎の両方の特徴を活かし、軽快な口当たりですので食中酒としてもおすすめです。
23-A002リキュール/12 1800ml 2,000円


 梅乃宿酒造
和リキュール
宿あらごし梅酒
梅酒鶯梅に漬け込んだ梅の実を裏ごしして加えてある梅酒です。こちらはどちらかというと食前に楽しんでいただくか、あるいはデザート酒としても楽しんでいただけます。

梅酒自体をキンキンに冷やしていただきストレートで味わうか、シャーベット状にしても美味しくいただけます。
23-A003リキュール/12 1800ml 2,800円

↑ページ上部へ戻る

送料(地域別・1梱包の送料は一律)

→詳しくはこちら
 

商品代金10000円以上ご購入の場合、配送先1件につきサービス!
ただし、北海道・沖縄のみ600円の送料を頂きます

消費税(価格に含まれています) 
代金引換手数料(324円)→詳しくはこちら
クール宅急便指定(200円)→詳しくはこちら
ギフト用包装料(300円より)→詳しくはこちら
銀行振込手数料はお客様のご負担になります。
商品カテゴリに戻る 買い物かごを見る
ホーム